マンガで世界史!

アクセスカウンタ

zoom RSS 天上紅蓮 待賢門院璋子 清盛前夜

<<   作成日時 : 2012/01/31 23:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0



今年の大河ドラマ「平清盛」
江よりも見ていたりする。

暗さってのを感じて、中世って暗かったんだなと感じられ、なるほどと唸りました。
薄汚いと言う知事がいましたが、
この薄汚さってのが、朝廷を中心とする貴族と
これから成長していく武士との対比、
パラダイムの変化を顕著に表現しているなと思った。

もう第2回目で死んじゃったけど
白河法皇と待賢門院璋子、
結構な・・シーンまで描かれているのでねぇ。

ぽんやりした感じの壇れいのイメージ合います。
白河上皇は合いすぎます。

渡辺淳一先生の「天上紅蓮」を読んだけど、
中世の男女の緩さ・大らかさってのは、ドラマではあんまり感じなくて
鳥羽天皇役の三上博史・・・・から感じるのは
むしろ男女って悲痛な感じがするぐらい。

私は、面白く思っています。

天上紅蓮
文藝春秋
渡辺 淳一


Amazonアソシエイト by 天上紅蓮 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




待賢門院璋子の生涯―椒庭秘抄 (朝日選書 (281))
朝日新聞社
角田 文衛


Amazonアソシエイト by 待賢門院璋子の生涯―椒庭秘抄 (朝日選書 (281)) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
天上紅蓮 待賢門院璋子 清盛前夜 マンガで世界史!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる